MENU

避妊具を使わず妊娠しても結婚したがらない男性もいる

 

避妊具を使用しなかったばかりに、子供がいざ出来てしまうと、困ってしまうのは自分です!
特に結婚をしていないカップルの場合、妊娠をきっかけに、非常に大きな問題になってきます。
結婚を前提に付き合っていた人の場合は、妊娠がきっかけになり、結婚への後押しになるケースもあります。
しかし、一番問題ないのは、妊娠をしても、結婚して責任を取ることができない場合です。
母親は妊娠すれば、生みたいという気持ちになってくる人が多いです。
しかし、男性の場合は、まだまだ経済力がなかったり、子供を持つ覚悟が出来ないで、中絶をしてほしいと思う人も少なくありません。
女性が考えているほど、男性側が結婚に対して前向きに考えていないことがわかると、女性もショックを受けますからね。
やはり女性としては、妊娠したら結婚して責任を取ってほしいという気持ちが強い人が多いので、男性の消極的な姿にがっかりすることもあります。
結婚するまでは、やはり避妊具を使ったほうが、安全ですね。
避妊具をつける時間はムードが壊れるので嫌という人もいますが、そんなことよりも、子供がデキてしまった場合の方が、よほど問題が深刻です!
子供がデキてしまったら、産むのも中絶するのも大金がかかりますからね。